FX口座を開設する年齢は二十歳以上が多いが上限がある会社もある

a0960_006793

FX口座を開設したいのに自分は適合しているか不安に思うかもしれませんが、一般的に国内のFX口座ではその開設条件を二十歳以上として定めているところが多いようです。また、日本人でなくても開設できるのも特徴です。

しかし、それではFX口座を開設できない条件とはなんなのでしょうか。それはまず、二十歳未満であるという年齢制限ですが、一部には十八歳でも可能なところもありますが一般的にはお金を自己管理できる二十歳以上とされています。また、二十歳以上であっても、FX口座によっては年齢の上限が定めているところがあります。

FXは一生できる投資方法ではないというのが驚きですが、年齢制限の上限がないところもあるので自分の年齢に応じて開設するFX口座を変えてみるのもいいです。そのほかにFX口座を開設できない条件には、余裕資金がないということや、金融関係者や反社会的勢力や生活保護者などがあり、FX口座の開設条件はほかの口座と比較して厳しいものがある印象です。

しかし、とはいえ収入のない専業主婦や大学生なども口座開設ができるため、口座開設ができないのではと不安になるより一度申し込みをするのがいいですし、もし申し込みが断られてもしばらくして口座開設の申し込みの自分の条件が変われば受理されることもあるのでくよくよせずに次に進むといいです。

FX口座がある証券会社などやFX専門の会社は国内だけでも100はあるといわれていますから開設条件が違うFX口座に申し込んでみてもいいでしょう。また、FX口座は一度開設したら維持費なのは必要のでしょうか。数年前まで国内の預金口座に口座維持費がかかるところもありましたが、最近はFX口座も含めて開設することを優先しているため口座維持費がかからないところがほとんどです。

なので口座がFXをしない時期にはそのままにしておいても問題はありませんし、一度退会してまた再開設することもできます。FX口座は開設するまで気持ち的に踏ん切りがいりますが、一度開設すればあとは使いたいときに使うということができるので、時間を見つけて開設しておくといいかもしれません。