FXのデイトレードで上手に利益を出す方法を知っておこう

a0002_012094

]FXのデイトレードを上手に行えば、短期間で驚くような利益を出すことも夢ではありません。特に、FXでレバレッジという便利なシステムがありますので、レバレッジとデイトレードを上手く組み合わせれば非常に効率的な取引を進めることが可能です。では、具体的にどのようにしてデイトレードを進めていけば良いのでしょうか。

大切なのは、短期的な為替相場の流れを読み取ることができるかどうかです。FXはデイトレードだけではなくスワップ金利などの長期的なトレードを目的とした手段も充実しています。そのため、これらの手段と同じような目線で取引をしていては大きな利益を出すことができなくなってしまいます。

そこで、デイトレードを行うときには短期的な予測が可能なチャートの分析ツールを使うことが大切なのです。この指標のことを一般的にオシレーター系と言います。チャートの分析方法には、トレンド系とオシレーター系の二つがあるのですがオシレーター系は短期的な相場の流れを読み取るために使う指標が多くあります。

例えば、RSIやRCIはその典型的な指標です。これらの指標に共通しているのは、現在の相場が過去の相場の平均値から見て買われすぎていないか、それとも売られすぎていないかを見ることができることにあります。現在の相場が過去の相場の流れと比較して買われすぎているのならば持っている外貨は売却するべきですし、逆に売られすぎているのならばそのポイントに狙いを定めて大量に外貨を購入するべきです。

大切なのは、こうしたオシレーター系の指標は単純な通貨の相場の流れだけではなく投資家の心理状況も理解できるということです。特定の指標を使えば、どのような心理で現在の売買が行われているのかが数値化して見ることができるため、売買のポイントがわかるようになります。短期的な数値化しづらいポイントを視覚化することができるため、オシレーター系の指標はデイトレードには非常に向いているのです。