1000通貨単位で取り引き可能なもの

a0001_011469

FXはいろいろな金額で投資が可能です。大きな額で相場に参加すれば儲けが出た時には非常に大きなものになりますが、逆の場合も大きな損を出す可能性が出てきます。そういった相場参加の際のリスクを減らす為に少ない額で相場に参加することも出来ます。いろいろなFX取り引きを出来る会社では1000通貨単位での取り引きが出来るところが結構あります。FX 1000通貨であれば保証金も安くすみます。

1000通貨単位で参加出来る大きなメリットは損に対する不安がかなり軽減されるという点です。相場は常に動いていて有利な方向にも不利な方向にも動いていきますが、特に初心者の場合はどこで損切りをしていいのか難しい場合もあります。そうなると相場が再び有利な方向に戻ってくるまでに放置しておかないといけない場合も出てきます。

FX取り引きの場合は強制ロスカットというものがあり、資金が十分に足りていない場合すべてのポジションを強制決済されてしまう場合があります。10000単位や100000単位単位ではポジションを維持する為の資金を十分に口座に預けておく必要が出てきます。これは資金が十分にない人にとっては非常に大変な場合があります。1000単位であればはるかに少ない金額でポジションを維持できるメリットがあります。

また通貨には大きく動くものやスワップという利息が多いものなどいろいろな特徴があります。またそれぞれが補完しあう関係を持っているものもありリスクを軽減出来る場合もあるのです。1000通貨単位であればいろいろな通貨の組み合わせに投資することがしやすくなります。保持しているポジションが不利な状況になってしまった場合にそのポジションと逆に動きやすい通貨の組み合わせでリスクヘッジすることも可能になります。また金利のいい通貨の組み合わせに投資をして、長期間保持することを前提にスワップ狙いの投資をすることも可能になってきます。1000通貨であれば様々な投資方法に参加出来るチャンスが広がります。

続きを読む

スワップポイント狙いの長期間取引をするといいでしょう

a0070_000124

FXの取引をして利益をあげる方法として多くの人が認知しているのが取引をする二つの通貨から生じる為替の差を獲得することです。しかしこの方法で取引をする場合にはタイミングが重要となってくるので、ある程度取引の練習をしないとうまくトレードすることができません。まだFXの取引をするための時間を取れる人であればそれほど問題はありませんが、毎日の仕事で忙しい社会人はなかなか取引をする時間を取ることができないので、当然トレードの練習をすることもできません。

しかしFXの取引をして利益をあげる方法は為替差益を獲得するという方法だけではありません。その他にもスワップポイントを獲得することによって利益を出す方法もあります。

スワップポイントとは何かというと取引をする通貨が使用されている国の金利がありますが、この差から発生するお金のことを言います。具体的にあげると金利の高い国の通貨を購入して日本の円のような金利の低い国の通貨を売ることによって、売った通貨から発生する利息を支払い、購入した通貨から発生する利息を受け取ることができるので、必然的に自分のところにお金が余ることになり、これによって利益を出すことができます。

そしてFXの取引はスワップポイント狙いの長期間取引をするといいでしょう。なぜならこの投資をするにおいて一番怖いのが損失を出すリスクですが、レバレッジをかけて短期的に取引をする場合は損失を出す可能性が高くなりますが、取引期間を長くすればその分リスクを軽減することができ、損失を出す可能性を少なくすることができます。

また高金利の通貨を購入して、低金利の通貨を売ることによって、毎日スワップポイントを獲得することができるので、利益を出せる可能性も高くなります。長期の取引は短期の取引とは違い、エントリーするタイミングはそれほど重視はされません。そのため取引技術があまりない人でも十分に利益を出すことが可能なので、仕事の忙しい社会人もおすすめであると言えます。

続きを読む

東京時間のクロス円は円高。豪ドル円は並外れて不安定な動き

a0960_004136

7月22日。現在夜の7時30分。東京時間午前の豪ドル円は把握不可能な値動きをして私を困らせました。消費者物価指数とRBA総裁の発言で混乱したみたいで上に行ったと思ったら下に行き、戻してきたと思えば、長い下落が始まりました。

今回は下に行くんだと思って見ていたら、午後には91.21から91.77までリバウンドしていて何だ、この動きは!と思いました。考えても理解できないから仕方ありません。こういう相場もあるんだと受け取りました。もし東京時間に豪ドル円をやっていたら失敗していた可能性が高いです。うまく行けば利益が取れていますが、売りのタイミングを掴むのが難しい。今振り返ると、豪ドル円ではなく別の通貨をやっているのが正解だったみたいです。どの通貨が一番やりやすかったんだろう?と今になって振り返ってみることにしました。

東京時間の傾向としては、日経平均の調子が悪かったのでクロス円は円高。売りが苦手な私としてはどれもやりにくい状態。チャートを開いて見ると、どれも戻りが大きくてやりにくかったんだと判明。本日の東京時間はトレードしてはいけない時間でした。やらない道を選んだ私は正解でした。今の豪ドル円は、91.76。反発してきた価格を維持しています。1時間足を見ると、長い上髭と下髭を出していてやりにくい。だいたいが91.80辺りで上値が抑えられているけど前日のニューヨーク時間に92.25まで高値更新が進んでいるから難しいです。

これはしばらく7月15日につけた92.41の高値を越えないとみて、92円を越えたところで売りを持って、損切りは深くなるけど92.50に置くのがいいのかも。日足を見ると、反発してから同じ価格でもみ合っているパターン。タイプとしては、6月5日から6月25日までのごちゃごちゃもみ合っているのと似ている。その後、ギリシャ問題が発生したことで下に抜けています。なんとなく下に抜けていきそうな感じがする。何度も92円を付けているけど、92円半ばまで値が進んでいないことから重そう。

続きを読む

欧州時間に向けて息抜き。トレードの息抜きは動物を活用するのもいい方法

a0150_000063

7月22日。欧州時間序盤に向けて集中力を高めようとちょっと息抜き。熱々のレモンティーにMOWアイスクリームの抹茶味を頂いています。トレードの息抜きは心から楽しむのがコツ。どんなことにも興味を持って楽しいことを想像する。MOWアイスのテーマは素材本来のやさしい味わい。ネーミングのMOWは、牧場にいる牛をイメージしているんじゃないかなと思いました。

牛の鳴き声はモー!それをMOWにするとインパクトがあるし、おしゃれな感じ。まずは一口食べてみました。明治エッセルスーパーカップの抹茶と比較して、ミルクがたっぷりでお口の中でとろけるやさしい味わい。非常にあっさりしていて胃もたれしない感じ。なんか、お年寄りの人でも喜びそうな味ですね。牛さんの極上ミルクを頂いちゃいました。トレードをしている人で息抜きの中心は家で行っているという人におすすめの場所があります。

動物と触れ合える場所で、水族館、動物園、牧場。1年のうち数回は動物と触れ合える場所を訪れるんだけど、特に今の時期は水族館がおすすめです。涼しいし、イルカのショーが見れる。水しぶきを上げて軽快にパフォーマンスをするイルカ達を見ると、来てよかったと放心状態になります。イルカの何がいいのかについてお話しします。動物セラピーは聞いたことがあると思います。動物と触れ合う事で元気になるという経験をした人は多いはず。それは、動物には癒しの効果があるからです。イルカのほうではイルカセラピーがあります。イルカと一緒に泳ぐことでうつ病が克服できた事例があります。

イルカに限らず多くの動物は、人間のストレスを軽減する効果があります。長く触れ合うほど血圧が低下した事例もあるほどです。トレードは単純なように見えますが、実際は思ったように動かないことが多いため、無意識のうちにすごいストレスを抱えています。動物はそんな状態を癒して、気持ちを軽くしてくれます。スッキリした気持ちでまた相場を見たい人にはおすすめです。行けない!という人は可愛い動物の画像を見るだけでも癒されるはず。

続きを読む

FX口座を開設する年齢は二十歳以上が多いが上限がある会社もある

a0960_006793

FX口座を開設したいのに自分は適合しているか不安に思うかもしれませんが、一般的に国内のFX口座ではその開設条件を二十歳以上として定めているところが多いようです。また、日本人でなくても開設できるのも特徴です。

しかし、それではFX口座を開設できない条件とはなんなのでしょうか。それはまず、二十歳未満であるという年齢制限ですが、一部には十八歳でも可能なところもありますが一般的にはお金を自己管理できる二十歳以上とされています。また、二十歳以上であっても、FX口座によっては年齢の上限が定めているところがあります。

FXは一生できる投資方法ではないというのが驚きですが、年齢制限の上限がないところもあるので自分の年齢に応じて開設するFX口座を変えてみるのもいいです。そのほかにFX口座を開設できない条件には、余裕資金がないということや、金融関係者や反社会的勢力や生活保護者などがあり、FX口座の開設条件はほかの口座と比較して厳しいものがある印象です。

しかし、とはいえ収入のない専業主婦や大学生なども口座開設ができるため、口座開設ができないのではと不安になるより一度申し込みをするのがいいですし、もし申し込みが断られてもしばらくして口座開設の申し込みの自分の条件が変われば受理されることもあるのでくよくよせずに次に進むといいです。

FX口座がある証券会社などやFX専門の会社は国内だけでも100はあるといわれていますから開設条件が違うFX口座に申し込んでみてもいいでしょう。また、FX口座は一度開設したら維持費なのは必要のでしょうか。数年前まで国内の預金口座に口座維持費がかかるところもありましたが、最近はFX口座も含めて開設することを優先しているため口座維持費がかからないところがほとんどです。

なので口座がFXをしない時期にはそのままにしておいても問題はありませんし、一度退会してまた再開設することもできます。FX口座は開設するまで気持ち的に踏ん切りがいりますが、一度開設すればあとは使いたいときに使うということができるので、時間を見つけて開設しておくといいかもしれません。

続きを読む

東京時間と欧州時間でガラリと方向が変わる豪ドル円

a1370_000345

7月16日。16時過ぎに仮眠をとると、疲れていたみたいでぐっすり眠れました。起きたとき、台風が近づいてきている影響でビュンビュン風の音がしました。雨戸を閉めて対策ばっちりなのに大きな音がして、かなりびっくり。部屋は真っ暗で停電の時のお部屋そのものでした。東京時間から欧州時間の相場を振り返って思うことは、方向感がない。

東京時間午前は、中国株の軟調さを嫌気してクロス円が下落。豪ドル円は戻りが鈍く、91円前半まで突っ込みました。前日の東京時間の豪ドル円は、好調な中国指標を受けて92.42まで高値を更新しました。それがニューヨーク時間中に大きな下落が起こり、91.10辺りまで突っ込み、朝8時には91.57まで戻してきました。それからは、再び下に突っ込む展開。1時間足を見ると、完全に下降トレンドになっていて、5分足でも順調に高値を切り下げて下降トレンドになっています。

思い切って売ってしまえ!と一瞬思ったけど、なんとなく戻してきそうな気がしたのでやめました。すると、欧州時間になるとショートカバーが入って、91.41まで上昇。東京時間からの下げの雰囲気が壊れたので、結局はどっちに行きたいの?ってわけがわからなくなりました。ショートカバーが入るのは、91.50辺りまでではないかと予想。でも、91.41辺りでうっておけば、また戻っていくのではないかと思い、頭の中で売りを持ちました。

そして、現在夜の7時過ぎ。豪ドル円の状態をチェックすると、91.76で、高値を更新しています。結局は92円に戻っていく方向なのかな?今日の相場は往ってこいで、やりにくい状態です。豪ドル円の1時間足の形に注目すると、ダブルボトムになっています。安値圏で出現すれば反発を示唆することで有名なパターン。今回は、ネックラインに支えられて反発しています。このダブルボトムはよく出現するパターンだけど、当たったり外れたり勝率がはっきりしないのであまり狙わないようにしています。

続きを読む

FXのデイトレードで上手に利益を出す方法を知っておこう

a0002_012094

]FXのデイトレードを上手に行えば、短期間で驚くような利益を出すことも夢ではありません。特に、FXでレバレッジという便利なシステムがありますので、レバレッジとデイトレードを上手く組み合わせれば非常に効率的な取引を進めることが可能です。では、具体的にどのようにしてデイトレードを進めていけば良いのでしょうか。

大切なのは、短期的な為替相場の流れを読み取ることができるかどうかです。FXはデイトレードだけではなくスワップ金利などの長期的なトレードを目的とした手段も充実しています。そのため、これらの手段と同じような目線で取引をしていては大きな利益を出すことができなくなってしまいます。

そこで、デイトレードを行うときには短期的な予測が可能なチャートの分析ツールを使うことが大切なのです。この指標のことを一般的にオシレーター系と言います。チャートの分析方法には、トレンド系とオシレーター系の二つがあるのですがオシレーター系は短期的な相場の流れを読み取るために使う指標が多くあります。

例えば、RSIやRCIはその典型的な指標です。これらの指標に共通しているのは、現在の相場が過去の相場の平均値から見て買われすぎていないか、それとも売られすぎていないかを見ることができることにあります。現在の相場が過去の相場の流れと比較して買われすぎているのならば持っている外貨は売却するべきですし、逆に売られすぎているのならばそのポイントに狙いを定めて大量に外貨を購入するべきです。

大切なのは、こうしたオシレーター系の指標は単純な通貨の相場の流れだけではなく投資家の心理状況も理解できるということです。特定の指標を使えば、どのような心理で現在の売買が行われているのかが数値化して見ることができるため、売買のポイントがわかるようになります。短期的な数値化しづらいポイントを視覚化することができるため、オシレーター系の指標はデイトレードには非常に向いているのです。

続きを読む